D-STAR レピータ 運用での コツ

D-STARレピータを使う交信(CQへの応答)は

RX→CSボタンを押すクセを付けては?

あなたのD-STAR無線機が既にJARLのD-STARサーバーに登録されていることが前提です。
「D-STAR(レピータ)で声が聞こえたからQSOしようとしたが、うまくいかない」という声を時々耳にします。一番多いのはRX→CSボタンを押さずに応答したパターンです。

自分が聞こえる場所にある近くのレピータ(仮にレピータA)と相手局Bさんが利用しているレピータ(仮にレピータC)を繋いでいるのはD-STARサーバーです。

Bさんは最初にあなたが聴いているレピータA(のID)をBさんの無線機のTO項へ入力してCQを出し始めます。

D-STARサーバーはそのTO項を受信してレピータCからレピータAへと接続するのでBさんの声があなたに聞こえます。

そのままあなたが応答してもあなたの無線機はTO項にBさんの無線機のIDが入っていないのであなたの送信した情報はレピータAからレピータCへは流れません。

だから交信が成り立たないのです。

RX→CSボタンを押せば自動であなたの無線機のTO項にBさんのIDが登録されます。

これで交信ができるはずです。

最近はID-31plus、ID-51plus2 や ID-4100/D を使った 、ターミナルモード / アクセスポイントモード を利用して(相手側が)JARLレピータ以外で待機している局も増えてきましたので
受信したらRX→CSボタンを押すクセをつけてみてはいかがでしょうか?

2018/06/10 up

投稿者:

JL1USZ

ホームページ管理子