ラグチュウでノッてくるとコールサインを言い忘れがちですが

(ラグチュウの間、相手と遣り取りをしている間)
コールサインは10分経つ前に1回言っておけば良い
これは間違いです!

通報の長時間の送信(無線電話の場合)
 アマチュア局は、長時間継続して通報を送信するときは、10分ごとを標準として適当に「こちらは」及び自局の呼出符号を送信しなければなりません。
(無線局運用規則第30条)

この条文はよく誤解されていますが、
「10分以内ならば自局のコールサインを送信しなくても大丈夫」じゃないです。
自分がPTTを握って話し始めたら、離して相手に話す順番を渡す間に
1度は自分のコールサインを言わなければならないのです。
(10分以上、演説のようにマイクを握ったまま喋り続ける人っているのかなぁ?)

しつこいですが、
一度PTTを押し、話し始めてPTTを離す迄10分を超えてしまいそうならば
自局のコールサインを1回は明示しなさいと謳っています。

あと、「相手がこちらのコールサインを言ったから自分は言わなくても大丈夫
これもありません

PTT を握ってから、離して相手に話す順番を渡すまでの間に送信している局名を省略できるのは無線局運用規則第126条の2にある、
(1)呼出の簡易化  だけです。

『 空中線電力50ワット(第四級アマチュア無線技士の電力に於いてはその該当する周波数帯に於いて認められた電力)以下の無線設備を使用して呼出しを行う場合において、確実に連絡の設定ができると認められるときは、呼出事項のうち、「こちらは」及び「自局の呼出符号3回以下」を省略することができます。なお、簡易化された呼出しを行った場合は、その通信中少なくとも1回以上、自局の呼出符号を送信しなければなりません。』

(2)応答の簡易化 もありますが、どちらも連絡の設定のときの話です。
(この場合は相手局のコールサインを省略できるパターンですけれど)

『 空中線電力50ワット以下の無線設備を使用して応答を行う場合において、確実に連絡の設定ができると認められるときは、応答事項のうち、「相手局の呼出符号3回以下」を省略することができます。』

ラグチュウは通報の遣り取りですから
一度の送信中に少なくとも1回は自局の呼出符号を送信しなければなりません
(緩やかにみても 2、3ターンに一回くらいはコールサインを言いましょう)

投稿者:

JL1USZ

ホームページ管理子